【編集部便り】地域手帖の新連載がはじまります

 
 
 

波佐見町

こんにちは!地域手帖です。リニューアルしてからアクセス数が倍に跳ね上がり、頑張った甲斐があったなと実感しています。もっと見やすくしていきますので、これからも応援宜しくします。

地域手帖名物の連載記事

さて、旧サイト時代に好評だった連載記事「諏訪ゲストハウスプロジェクト」と「わたなべ夫婦日本一周の旅」は先日、両連載ともに無事にゴールを迎えました。

「諏訪ゲストハウスプロジェクト」は「マスヤゲストハウス」としてオープンし連日大盛況、「わたなべ夫婦の日本一周」は無事に日本一周を果たし、最後の最後でTBSラジオにまで出演してしまうといういかにも彼等らしいゴールでした!ラストの記事はまだ投稿できていないのですが、来週当たりに投稿できると思いますのでお楽しみに。

 

波佐見焼をご存知ですか?

新連載は長崎県波佐見町からお届けします

さて、新しいページのサイドメニューは全てご覧頂けましたか?その中に素敵な女性が緑豊かな背景をバックにオシャレな陶器のカップを持っているいる画像があります。

彼女はこの春に長崎県波佐見町の地域おこし協力隊に着任された大石さやかさんです。旧サイトから地域手帖をご覧頂いている方はもうご存知ですよね?

波佐見町は大石さんの写真をご覧いただけばわかるとおり、自然豊かで様々な農産物が採れる豊かな土壌と焼き物「波佐見焼」が有名です。近くには他にも伊万里や有田などの焼き物の名産地がズラリ。

そんな波佐見町在住の大石さんには夢があります。それは将来的に農業ライターとして活動することです。そこで、地域手帖ではそんな大石さんの夢への一歩を応援すべく、新連載をはじめます。これは大石さんが初めて挑戦する連載記事です。

地域手帖の連載記事!波佐見町陶農日記

 

※波佐見町の詳しい話しは大石さんが書かれたちい記事をご覧ください
・【長崎】波佐見町地域おこし協力隊の大石です。
http://chiikitecho.net/850/

タイトルは「波佐見町陶農日記」です。波佐見町は農業と陶芸が名物の町ですので「陶農(とうのう)」と名をつけさせていただきました。これは大石さんのアイデアによるものです。大石さんにはこの町が持つ魅力を陶芸と農業2つの側面から伝えてもらいます。

実は波佐見のみなさんには大変申し訳ないのですが、私は大石さんと出会うまで波佐見町のことを知りませんでした。冗談ではなく「ハサミ?」「鋏?」というような状態だったのです。

だからこそ、こういう活動が切欠で新しい土地と地縁を結ぶ事ができとても嬉しいです。まだ見ぬ波佐見町、いつか行きたい波佐見町、果たしてどんな記事が送られてくるのか!みなさんお楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報