【屋久島&父島】奇跡的な出会いが増えてきました

 
 
 

長野県でこんな出会いが!

長野県で「屋久島の奇跡」

地域手帖の亀﨑です。みなさんは奇跡な出会いを経験したことはありますか?

私は地域手帖を運営しはじめて、そんな奇跡的な出会いと巡り会う回数が少しずつ増えてきました。

先日、長野市で行われた友人の結婚式に参加してきました。この滞在期間に利用したお宿は長野市のゲストハウス「1166backpackers」。ここはとても家庭的なお宿で、居心地がよく大好きな場所です。

・長野県長野市 1166backpackers
http://www.1166bp.com/

このお宿にはリビングに大きなテーブルがあり、沢山の旅人がここで情報交換(という名の旅トーク)をします。この日、私は神戸から来た同宿のお客さんに地域手帖のことを紹介していました。すると・・・

「え、私が写ってるんですけど!」

記念撮影!
なんと、屋久島町吉田集落の大西さんの書かれた記事「【鹿児島】屋久島吉田集落の里めぐり」内で紹介されている集落ツアーの参加者の方がだったのです。

あまりの驚きで鳥肌が立つと同時に、直ぐに意気投合し、お互いにの屋久島話に花が咲きました。屋久島から遠く離れた長野県で、こんな出会いが生まれているんです。

このエピソードはまだ大西さんに伝えていません。この記事で驚かせようと内緒にしていました。大西さん、ツアーとても楽しかったっと言っていましたよ!

・関連記事/【鹿児島】屋久島吉田集落の里めぐり
http://chiikitecho.net/901/

 

父島のメインストリートの光景

地域手帖で「小笠原諸島父島の奇跡」

北海道羽幌町焼尻島のちい記者で、地域おこし協力他の奥野さんと地域手帖の亀﨑との間には共通点があります。実は私たちは小笠原諸島父島の「小笠原ユースホステル」でヘルパーとして働いていた過去があるのです。

これはSNS上で繋がってから初めてわかったこの事実でかなり驚きました。偶然も偶然、こんなことがあるんですね。

この話には続きがあります。後日発表される新しいちい記者さんに、なんと小笠原ユースホステル宿泊経験者の方がいるのです。

しかも、「おがさわら丸」の着く東京の竹芝桟橋で、島から帰ってくる友達に会いに行った地域手帖の亀﨑と一瞬だけ出会っているのです。更に更に、奥野さんと同様に、その方も離島で活躍する地域おこし協力隊の隊員さんです。

 

小笠原ユースホステルといえばこの見送り

もう、偶然に偶然が重なり過ぎて、段々感覚が麻痺してきました。こういう出会いや繋がりが生まれるからこそ、地域手帖の様な情報発信活動はとても楽しいです。この春のスタートから間もなく半年、これからも新しい出会いをどんどん生みだしていこうと思います。

この記事を書いていて「島旅」したくなってきました。いつか地域手帖で島旅ツアーを組みたいです。特に屋久島と父島には必ず行かなきゃと思っています。
・小笠原ユースホステル
http://oyh.jp/
・奥野さんのちい記者プロフィール
http://chiikitecho.net/186/

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報