【埼玉】栃の実を食べたことはありますか?

 
 
 

収穫したての栃の実

栃餅づくりはじめました

ご無沙汰しております。秩父市地域おこし協力隊の吉本です。私の暮らす大滝地域では、毎年9-10月にかかせない里仕事があります。それは栃餅つくりです。主に正月に頂くために仕込みを始めます。

 

栃餅

栃餅の原料「栃の実」

最近、「栃餅つくりをしています」とお話すると、「栃餅って何?」と聞かれます。大滝では当たり前の、馴染みのある食べ物ですが、確かに、私も大滝に移住した当初は食べたことも見たこともありませんでした。なので今回は栃餅を知らない方に、栃餅や栃の実についてご紹介します。

栃餅は山吹色をしている香ばしいお餅です。おろし醤油やきな粉で食べたり、餡子を包んでお饅頭にして食べたりします。秩父市内のお饅頭屋さんで売られているほか、大滝では家庭で作られています。栃餅の原料は栃の実ともち米です。

 

栃の実

栗に似ているけどその味は・・・

栃の実は、「栗よりも栗らしい」と言われるほど、栗によく似ている実です。栗よりも丸く、太っています。栗と同様に鬼皮、渋皮があり、実の香りも栗によく似ています。

しかし、味は全く違います。栗は生でも、茹でただけでもすぐ食べられますが、栃の実はとにかく渋い!苦い!エグい!顔がひん曲がる程の衝撃的な味です。栗と違い、栃の実は念入りなアク抜きをしなければ食べることができません。

形や大きさは良く似ているのですが不思議なものです。

 

調理の仕方を学びます

栃の実を調理してみた

昔、栃の実は保存食でした。収穫した後三日間ほど水につけて虫を出し、カラカラになるまで干せば何年でも保存できます。穀物が不作だった時は栃を御粥にして飢えをしのいだそうです。その為、「栃の木の無い家には嫁入りするな」という言い伝えもあるそうです。栃の実のアク抜きはとても大変で、また、特徴あるものなので、田舎仕事、里仕事として、栃の実のアク抜きをご紹介します。

 

栃餅つき。芳ばしい香りがします。

「栃の実の調理方法」

①収穫した栃の実を3日間水につける。虫を出したり、皮をふやかすため。水は毎日取り換える。
②(長期保存する場合)天気のいい日に天日干しをする。カラカラに乾いたら、暗く乾燥した場所で保存。
③バケツに手をつけたら熱いくらいのお湯をはり、栃の実を入れる。沸騰したお湯だと実まで煮だってしまうので注意する。
④石で叩いて鬼皮を剥く。コツコツコツコツと全体を叩いているとどこかでピキッと切れ目ができる。鬼皮がツルンと剥けると気持ちが良い。
⑤天気がいい日に天日干しをし、コチコチになるまで乾燥させる。この工程を省くと以降の行程中に実が溶けてしまう。(この状態でも保存が効く)
⑥コチコチになったら水につけてアクを抜く。アクが出てくるので、毎日優しくかき混ぜ、水を交換する。実を揉んでみて柔らかくなるまで。 1週間から 2週間程ほど。
⑦熱湯を用意し、バケツに注ぐ。そこに栃の実を入れる。熱過ぎると煮立って、溶けてしまうので、先に熱湯を注いで少し冷ます。5日間程放置する。この熱湯を「産湯」と言う。
⑧水を捨て、改めて工程6を行う。ここからは 1日ごとにお湯を換える。 5日間程繰り返す。
⑨熱湯を用意し、木灰に合わせる。欅の灰が一番良い。ドロドロで熱い木灰汁に栃の実を入れて、良く合わせる。1日放置する。
⑩木灰汁から栃の実を出して良く水にさらす。
⑪蒸したもち米に適量加え、よくつけば栃餅ができます。

お汁粉に浮かべても美味しいです。

手間を掛けた分だけ味が美味しい

この様に、栃の実のアク抜きは時間と手間がかかります。その為販売されている栃餅は決して安くはありません。しかし、昔から親しまれてきたものなので、ぜひ一度は食してみて、独特の香ばしさをお楽しみください!

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報