【埼玉】今年度最後の「清流青空マーケット」

 
 
 

清流マーケット

毎月最終日曜日に行われる「清流青空マーケット」

こんにちは埼玉県日高市ちい記者の茂木です。11月も半ばをすぎ、いよいよ木枯らしが冬の到来を感じさせる今日この頃。

今週末の11月30日(日)、日高市周辺地域から、自然や素材にこだわりを持った人々のてしごとや食が集まった「清流青空マーケット」が行われます。

 

 

たの交換会も開催!

私が参加させてもらっている「ひだかくるくるねっと」も、東北地方の「よいものづくり」を懸命に続けるひとびとを支えたい、素晴らしい商品の数々をぜひ知ってほしいという想いで「東北応援隊」として出店をしています。

今回は日高でつくったなたね油や、味が濃くて香りがよい絶品「くるくるなっとう」なども販売します。どれも個々の商品にファンがついてしまうほど、ほんとうに価値あるものばかり。やっぱりこれはぜひ試していただかないことには、うまくその良さをお伝えできない気がします。

 

木々に囲まれたやさしい空間をお楽しみください

ほかにも、日高で有機農業を営む「ふうわりファーム」さんのじもと野菜や、それらをつかったカレー、小麦や卵をつかわない米粉の昔ながらのお菓子、こだわりのベーグルや、季節ごとにかわるてづくりデザート、ラインナップは毎回ちょっとずつ違いますが、素材の作られ方にまできちんと責任をもつという姿勢は本当に尊敬しています。

ていねいに作られた、からだが喜ぶものばっかりで何を食べていいのか迷ってしまいます。ついついぜんぶ食べてしまうことも…。

ふうわりファーム
http://fuwarifarm.p2.weblife.me/

ファーマーズマーケットは様々な場所で行われていますが、お客さんとここまで距離の近いマーケットもなかなかないと思います。その証拠に、マーケットの会場には小さなお子さんを連れた家族連れの姿がたくさん見えて、野原を駆け回りながら遊んでいる風景が印象的です。

お父さんお母さんも、まわりの大人がしっかり子供を見守ってくれていて、子供同士もとても自然にともだちになっていくのでとても穏やかで楽しそうな表情をされています。

まるでマーケットに集ったひとがひとつの大家族になったかのようなあたたかな空気があるのが清流マーケットの一番の魅力です。規模はけして大きくはないですがどこにもひけをとらないと感じています。

初めてくる方も、おひとりでも大歓迎です。いろいろな方に話しかけるぐらいの気軽さをもって楽しんでいただければと思います。

マーケットの合間には、有志であつまったミニコンサートや、マーケットの最後には 「たねの森」さん主催による種の交換会も行われます。ぜひお買いものと併せて楽しんでいってください。

きっと「ここだけ」がたくさん見つかりますよ。なにかの素敵な出会いの機会になりますように。

・種の交換会
http://www.geocities.jp/tanenomori1/Exchange_Seeds/exchange_seeds.html

 

イベント概要

・日時
11/30(日)10:00~12:00ごろまで

・場所
埼玉県日高市清流「森の果樹園」

 

本当にその名の通りの場所です!きてみるとびっくりですよ。

詳しい場所のお問い合わせは info@tanenomori.org まで

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報