【埼玉】山里の素敵イベント「お散歩マーケット」に出店してきました

 
 
 

絶好の天気でした

お散歩マーケットに出店してきました

こんにちは!埼玉県の亀﨑です。

先日、埼玉県飯能市に存在する関東で有数の素敵系な山里「上直竹上分(かみなおたけかみぶん)地区」で開催された「お散歩マーケット」に参加してきました。

当日は私が地元で活動している地域団体「terve(テルヴェ)」でブースを出展し、友人であり、以前にterveのイベントに参加していただいたこともある「Sloth Cafe」さんと一緒に、焼き菓子やハンドメイドの雑貨などを販売しました。

・【埼玉】みなさんに一度は遊びに来て欲しいイベントが日曜日に開催されます
http://chiikitecho.net/3048/

そもそも何でお店を出しているのか

昨年春のこと、お散歩マーケット(春)の開催日の前日にテレビ東京系の長寿番組「アド街ック天国」で飯能市が特集され、翌日に開催を控えたこのイベントが紹介されました。

この放送から1ヶ月前のこと、実行委員会の方より「もしTVを見て沢山のお客さんが来られた場合に、飲み物や食べ物の提供が足らなくなるかもしれません。もし良かったら、お店を出してみませんか?」と出店のお誘いを頂きました。これがご縁となり、それ以来4開催連続でブースを出させて頂いています。

また、お散歩マーケット以外でもこの地域ではいなか暮らし体験ツアーやタケノコ掘り体験ツアーなどなど、過去に5回ほど様々なエコツアーを開催させていただいており、地域の方々にはいつも大変お世話になっています。terveにとって上直竹上分地区はもはやホームタウン状態です。

 

沢山のお客さんで賑わいました

大人が本気でお店屋さんごっこをしています

terveのブースでは今回を含め過去4回とも全く異なった食べ物、飲み物、手づくり雑貨などを販売してきました。釜炊きのごはんを使ったおむすび、本格派マサラチャイ、手づくりジンジャーホットレモンティー、たらしもち(上直竹上分地区の郷土菓子)などなど種類は多岐に渡ります。

特にマサラチャイを販売した際にはかなり頑張りました。いくつものカフェを訪れて味や魅せ方など研究しました。そのお陰か味はとても好評で、今も「チャイはもう売らないのか?」と質問を受けるほどです。

 

出店する度に一芸が身に付き、経験値が上がります

このように開催毎に新たな挑戦を行うことで、仲間と共に少しずつ一芸を身につけてきました。

何が起こるかわからないこの世の中、芸が身を助けてくれるシーンはこれからきっと増えていくはずです。何でもいいので一芸を持っておくことに越したことはないのではないでしょうか。

特にローカルで何かやっていこうとするならば一芸は必須条件であり、そのレベルが高く、汎用性があればあるほど地域で重宝がられます。飲食系は色々と応用が効くのでとりわけ便利です。

 

若い女性とお子様連れに好評です

準備は大変だけど普段味わえない感動を味わえます

この男の子のリュックについている「ふわふわチャーム」は私が作った商品です。自分で編んだ物が目の前で売れていき、それをお客さんが喜んで身につけてくれる。そこに笑顔が生まれる。

普段はデスクワークが中心で、マウスでカリカリ&キーボードでカタコトしかやっていない私にとって、これらのお客さんの反応はとても貴重であり、クリエイターの端くれとして様々なことを学ばせて貰っています。まさに普段味わう事のできない感動がそこにあります。

 

イベント後にほっと一息

ぜひ、みなさんも地域イベントでお店を出してみませんか?

イベント出店はとても疲れます。でも、その疲れは全然嫌な疲れではありあせん。沢山のお客さんとのふれ合いや、自分たちで作ったものを売るという経験から得られる満足度の方が高いからかもしれません。

また、一芸を身につける過程で様々な人生の選択肢と出会う可能性も高く、新たな特技の発見にも繋がります。ぜひ、みなさんも一度は地域イベントでお店をだしてみませんか?そこから得られるものは意外と深いです。

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報