【編集部便り】未来を選ぶ方法

 
 
 

5

 

こんにちはみなさんは明日は何の日かもちろんご存知ですよね?そう、衆議院選挙の投票日です。

 

選挙=未来を選ぶ方法

20代〜30代の友人に選挙のことを話すと「どうせ投票しても何も変わらない」「今の政治家は信用できない」などなど、選挙に対してネガティブな印象を持ってるケースが多いのが残念なところですが、それでも投票しないことには何も変わりません。何より、自分たちの住む街、そしてこの国に関わるのことですから責任を持って投票したいところです。

 

命がけで投票所に行かなくてはならない国

・アフガン大統領選、投票所攻撃で47人死亡
アフガニスタンで14日、12年余り政権を担ったカルザイ氏の後任を選ぶ大統領選の決選投票があった。厳戒態勢のなか、反政府勢力タリバーンによる投票所の攻撃が少なくとも150件起き、計47人が死亡した。
(引用:朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASG6F6D5FG6FUHBI02X.html

治安の安定しない国では「投票所」はテロの格好の対象で、「投票」という行為そのものが命掛けという国もあるんです。日本ではありえない話しですが、それだけ「選挙」というものは重要なイベントなのです。

 

ローカルライフを他人ごとにしない

今回の選挙では「地方創生」、「街づくり」、「地域活性化」、「少子高齢化対策」などなど、地域手帖読者のみなさんが興味のあるキーワードも沢山飛び交っています。どの候補者さんがどんな考えを持っているのかぜひ調べてみてください。

ローカルライフを楽しみたいならば、身の回りのことを「自分ごと」にすることからはじめませんか?その第一歩として、ぜひ12月14日は投票所へ!

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報