【地域の逸品】長野県坂城町/キタムラ・ヴィンヤードのぶどうジュース

 
 
 

sakaki_1

キタムラ・ヴィンヤード「ぶどうジュース」

「大切な人とワインを飲みたい。でも、相手はお酒が飲めない・・・」

こんな場面に直面したら、あなたはどうしますか?

 

sakaki_2

長野県坂城町の「キタムラ・ヴィンヤード」さんが製造している「ぶどうジュース」を紹介します。

このぶどうジュースは原材料に長野県須坂市で誕生した品種「ナガノパープル」を使用しており、信州の自然の恵みの結晶といえる逸品です。

 

ナガノパープルとは

ナガノパープルは、巨峰とリザマートを両親に、市内にある長野県果樹試験場で育成された新品種のぶどうです。
市場に出たのは平成17年。まだまだ生産量も少なく、希少なぶどうです。
平成25年8月、日本野菜ソムリエ協会の「第15回野菜ソムリエサミット:テーマ”ブドウ”」において、JA須高ぶどう部会が食味評価部門で大賞を受賞しました。

(引用:須坂市役所「信州須坂ぶどう物語」http://www.city.suzaka.nagano.jp/enjoy/kankou/budou/

 

ぶどうの樹の下にたたずむ女性のイラストが描かれたラベルと、程よい高級感を感じさせれるボトルがとても素敵で、大切な人と、大切な時間を過ごすアイテムとして充分過ぎる存在感です。

気になるお味は飲んでのお楽しみ。

通常のワインと同様にギリギリまで熟成させてみたくなる、そんなワインの紹介でした。

 

キタムラ・ヴィンヤードさんについて

・NAGANOWINEでの特集ページ
http://www.nagano-wine.jp/special/winery/728/

・faecbookeページ
https://www.facebook.com/Kitamuravineyard

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報