【埼玉】見つけました、魅力的な山里!

 
 
 

カモシカが住む里

こんにちは、地域手帖の亀崎です。

突然ですが、道を歩いていてニホンカモシカに遭遇したことはありますか?山岳地帯や山間地域に行けば会うことができると思いますが、実は埼玉でも会えるんです!まるで、もののけ姫のシシ神さまのような堂々とした姿がたまりません!

飯能市上直竹上分地区

この写真は埼玉県と東京都の県境に位置する飯能市(はんのう)上直竹上分(かみなおたけかみぶん)地区で撮影されたものです。上直竹上分地区(以後:上分)は埼玉県と東京都の県境に位置する中山間地域です。最寄りのバス停は間野黒指(まのくろざす)です。難読地名がカッコいいですね!

人と動物が共生

みなさんご存知のとおり、ニホンカモシカは特別天然記念物です。そんな貴重な動物と人間が共存している自然豊かな集落が埼玉にあることを、私は勝手に誇りにしています。ちなみに、先日はイノシシの大群が道路で「運動会」をしていたそうです。こう書くとかわいく思えますが、やはり、動物による農作物の被害はかなり酷いようです。それを「しょーがねーや」といいながら飽きれてるお父さんたちの姿が個人的にたまらなくカッコいいです。

よそ者にも親切

なお、私は上分の住民ではありません。単なるファンです。家から上分は車で40分ほど離れています。そう、私は単なるよそ者なのです。私と上分との出会いは、一緒に西埼玉で地域活動(terveについてはコチラ)をしている仲間が上分に住んでおり、それが縁で地域イベントに参加させていただくようになりました。このイベントが準備段階からとても楽しく、一気に上分のファンになってしまいました!イベントのことは次回の投稿で書かせてもらいます。ぜひ、お楽しみに。

・写真提供:木﨑詳子さん(terve

・上直竹上分地区公式HP「うらーほうは上分だ!」 http://kamibun.x0.to/

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報