【長崎】1玉400円超える波佐見町の超高級たまご

 
 
 

波佐見町陶農日記

 

1

 

こんにちは、波佐見町の大石です。今年最初の「波佐見町陶器農業日記」をお届けします。

長崎県の中では雲仙に次いで2番目に寒いと言われる波佐見町。

鶏の翼の下に手を入れたり、農家さん手作りのしょうが湯を飲んだりして、身体の外と中から温まっています。

今回レポートするのは、某プロゴルファーの方がご愛用されているとメディアで取り上げられたのをきっかけに人気爆発、今や入手困難とも噂される高級たまご(1玉あたりの流通価格400円越え!)です。

まずは「たまごかけごはん」で腹ごしらえ

2

 

波佐見町村木郷、佐世保へと続く山の麓に広がる集落です。

その集落に、こだわり抜いた飼育方法で心身ともに健康なにわとりを育てる浅田良卵農園があります。

ご夫婦で営まれている農園は体験型民泊「峠自然塾」も併設し、1年を通してにんにく卵黄づくりを主とした体験や農家民泊希望者を受け入れています。

外観はいたって普通の建屋ですが、一足踏み入れるとそこには夫・農園長のこだわりがたくさん溢れています。

 

3

 

高級たまごの秘密を探る前にまずは腹ごしらえ…と開店したばかりの食事スペースでたまごかけごはんをいただくことにしました。

あたたかな熱を発する暖炉やぬくもりを感じる木目に包まれた店内に、冬の外気で痛いくらいに冷えた身体が鼻先や耳からじんわりと溶かされていくような感覚が広がります。

実は元々大工仕事をしていたという農園長が手作りで仕上げたこのお店。

農園を見渡せるように一面ガラス張りの壁や、1枚1枚バーナーで炙った内装の木材には、大工としてのこだわりを感じます。

 

4

 

農園を走り回るにわとりたちの姿を眺めて待つこと3分ほど。

笑顔いっぱいの農園長の奥さんが高級たまごがコロンと乗った御膳を運んできてくださいました。

もちろん器は波佐見焼。

生たまご、白飯(釜炊き)、たまごスープ、そして自家製のお漬物が付いて1食380円です。

早速、高級たまごに手を伸ばし割ってみると、淡い黄色の黄身とトゥルットゥルンの白身が。

カシャカシャと溶いて、熱々の白飯にかけ、さらに浅田良卵農園自家製の醤油麹をたらして、いざ実食。

 

5

 

6

 

「おいしい~!」

味噌と醤油の良いとこ取りといった感じの醤油麹の旨さ、そしてやや硬めの絶妙な塩梅の白飯。

そして咀嚼しているところに、淡泊だけれどコクのあるたまごの味が広がってきます。

ひとくち食べると何杯でも食べれる、と感じられること間違いありません。私もおかわりしてしまいました。

たまごスープも絶品で、ふわふわのたまごがたっぷり入っています。

これで380円とは驚きで、農園横の直売所とも入れる食事処だからこそできる価格とおいしさの提供です。

心身ともに健康なにわとりを育む浅田良卵農園

7

 

お腹もいっぱいになったところで、いよいよ高級たまごの秘密に迫ります。

スーパーで販売されているものとは比べ物にならないほど高価な値段が付いている浅田良卵農園のたまご。

ご夫婦は、たまごを生産する以前に、にわとりたちがストレスなく心身ともに健康で暮らせるように、ということを考えながら日々世話をしています。

与えるエサ(ご夫婦は「ごはん」と言います)は毎日手作り。

そして、にわとりたちが自由に歩き、土や石、ミミズなどの土壌生物、草花や雨水などありとあらゆる自然に触れられる農園も手作りしています。

 

8

 

こだわりの「ごはん」を作る工程を見学させていただきました。

においを嗅いでみてびっくり。

たまごかけごはんでお腹いっぱいになっていたにも関わらず、お腹がすいてくるほどの食欲をそそる香りです。

それもそのはず、ベースとなる食材は人間と同じ小麦粉・パンそして米なのです。ベースに煮干や牡蠣殻などの健康を考えて選んだ食材を混ぜ合わせます。

さらに麹やぼかしを加えることで食材が発酵し、あたたかい「ごはん」ができあがります。あたたかいごはんが食べれる幸せを知っているにわとりは世界中に何羽いるでしょうか。

そうしてたくさんの手間暇愛情の下で育ったにわとりたちは採卵場に自ら戻りたまごを産みます。

「ありがとうね」と声をかけながら集めたたまごは、ひとつひとつ丁寧に布で拭き汚れを落とします。

この手間を惜しんだことは一度もありません。

高級たまごの値段の理由は、ご夫婦がにわとりにかける手間暇愛情によるものでした。

現在、浅田良卵農園のたまごは農園への直接注文も受け付けております。直売所価格は10玉1000円。贈答用も承っております。詳細は農園へお問い合わせください。

浅田良卵農園の情報

浅田良卵農園

・住所

長崎県東彼杵郡波佐見町村木郷567

・電話
0956-85-6969

・浅田良卵農園Facebookページ
https://www.facebook.com/tougesizennjyuku

・民泊紹介ぺージ(波佐見町観光協会)
http://www.hasami-kankou.jp/archives/999

波佐見町陶濃日記

・過去の陶濃日記はこちらから
http://chiikitecho.net/tag/tounounikki/

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報