【群馬】尾瀬の郷からはじめまして

 
 
 

1

はじめまして!群馬県利根郡片品村から地域情報をお伝えすることになりました本間と申します。

私の住む片品村は、群馬県北部の県境の村です。

 

ラフティングで人気の群馬県みなかみ町・東照宮で有名な栃木県日光市・福島県桧枝岐村・新潟県魚沼市などと接した山あいの村。村の面積の上半分ほどは『夏が来〜れば思い出す』で知られる尾瀬国立公園が占めています。


関東唯一の特別豪雪地帯!パウダースノー天国

2

 

片品村は東京から車で2.3時間というお手軽な立地ですが、特別豪雪地帯に指定されており、冬はスキーやスノーボードで賑わいます。

村内には何と6つのスキー場があり、それぞれ特色を出しているので、どこに遊びに行くか毎回迷う!という、 ウインタースポーツ好きには最高の場所です。

また、日本海側から越後山脈を越えて降る雪はサラッサラのパウダースノー。降った直後は雪だるまも作れないほどのサラサラぶりで、雪かきも意外と楽チン(?)です。夏はトマトなど高原野菜の農業も盛んで、夏の尾瀬観光&農業、冬のスキーが村の主要産業となっています。

 

ニア東京のローカルから、ニッポンを元気に!

3

 

いま、全国で約1,000名の方が活用している地域おこし協力隊制度ですが、群馬県は東京に近いという余裕から(?)なのか、まだ導入している自治体が多くありません。

片品村も来年度から初の制度活用を目指し、私が「第一号協力隊候補 兼 地域おこし協力隊準備室」として、地元の東京と行き来した生活をしつつ準備をすすめています。

東京との二拠点ライフも可能で、自給自足もできるニア東京のローカルがもっと魅力を打ち出す!

それにより、東京(都会)で生活する人が東京中心キャリア以外の生き方もあるということを知ったり、都会での仕事を続けながら憧れのローカルライフ実現に向けたステップを踏める。関東から遠い地方にとっても、移住後のミスマッチを減らすのに関東近郊の田舎が練習場として使える。そんな可能性を探っていけるのではないかと思っています。
 
まだWEBサイトもない準備室ですが、これから片品村の魅力や暮らしをみなさまにお届けしていければと思います。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報