【東京】学びを通じて東京のにしがわを楽しくする試み

 
 
 
1

こういうイメージが強いですよね

東京ってどんなイメージ?

みなさん、東京にどんなイメージを持っていますか?

高層ビル、満員電車、煌びやかなネオンサインetc..。あまり自然がなさそうな印象を持っている方が多いのではないでしょうか。

いやいや、東京も横長で広いんです。この記事の舞台である「多摩地区」周辺は自然豊かで、そこにはいわゆる「都会」のイメージとは異なる、とてものんびりとした暮らしの様子を見ることができます。

そんな東京の西側を楽しくしているのが「東京にしがわ大学」さんです。

 

2

HPが見やすくて、かわいらしいです 

「東京にしがわ大学」を知ってますか?

東京にしがわ大学(通称:にわ大)は通常の大学ではなく、わかりやすく言えば生涯学習の場です。校舎とキャンパスは活動エリアとしている東京のにしがわ全ててです。

にわ大の先生は「地域住民の方々」です。ある時は生徒さんだった方が、次にお会いしたら先生役をされていることも。まさにみんなで作る学びの場です。

・東京にしがわ大学
http://www.tokyo-nishigawa.net/

何を隠そう、実は私も「にわ大」の学生で、まさにこれから授業を受けてきます。

今日は「書くことで広がるまちとのつながり ― あなたが知っているにしがわの魅力を一緒に発信しませんか?」という授業を受けてきます。先生役の方々がとても豪華なので、沢山の知識のお土産を持って帰れそうです。

今度開催する「地域手帖LABO」に向けて、しっかりとお勉強をしてきます。

・この授業の詳細
http://www.tokyo-nishigawa.net/class/2015/01/2015-01-01.html

 

脱東京を宣言する前に

最近「脱東京」という言葉をちょくちょく見かけます。私はこの言葉が好きではありません。何故ならば東京が好きだからです。

もし、「東京に疲れた」、「どうやって暮らしていけば良いかわからない」なんて思ったら、ぜひ、にわ大に参加してみてください。

そして、「にしがわ」に遊びに来てみてください。今までと違った角度から、「大都市東京」を見ることができるようになると思います。

東京のにしがわでこんなに楽しく暮らしている人たちがいるのかと衝撃を受けること間違いなしです。

「にわ大」に参加せずに脱東京を宣言するのはもったいないかもです。(※私は埼玉都民です。)

・参考イベント/地域手帖LABO – 地域情報を楽しむ会 –
http://chiikitecho.net/4113/

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報