【埼玉】今年も「春のお散歩マーケット」開催です

 
 
 
舞台はこんな山の中

埼玉県飯能市の名物イベント『お散歩マーケット』

—————————————————————————–
この記事は昨年の記事を再編集したものになります。
—————————————————————————–

おはようございます。埼玉のちい記者・亀﨑です。

前回の投稿(※昨年の投稿です)の続いて、今回も飯能市上直竹上分地区(通称:上分地区)について書いていきます。

今年も、2015年5月3日(日)に春の『お散歩マーケット』が開催されます。東京近郊に住むいなか暮らし希望者の方は必見です。

絶対に来場された方がいいです。身近にこんな元気な山里がるのかと驚くこと間違い無しです。唯一無二のとにかくスゴいイベントです。何がスゴいかと言えば

(1)地域住民との交流度がスゴい

お散歩マーケットでは住民各々の家の軒先が「お店」になります。

そう、他人の敷地に入り込まないといけないのです。これが最初はちょっとだけ緊張します。

プライバシーうんぬんが問題になるこのご時世、このオープンな感じがかなりスゴいんです。気がつけば親戚の家に上がり込んでいる「あの感じ」です。

これはお客さんのマナーが良いからこそ実現可能なスタイルです。こんなイベント他にありません。

(2)フジロック的要素がある

上分地区は上に行けば行くほど、山の斜面に沿って家が建てられています。まず、下のお店から上のお店に上がるだけかなりハードです。これは来ればわかります。

そして、「お散歩」と銘打っていますが、お店を周回するためには山の尾根道を通る必要があります。周回コースからちょっと足を延ばせば愛宕山(412m)や大仁田山(506m)に登ることもできます。

靴はトレッキングシューズがオススメです。個人的にはお目当てのアーティストが登場するステージを目指し彷徨う、フジロックを連想させられます。お散歩マーケットでは音楽の演奏もあります。

(3)カッコいい地域のお父さん、お母さんがいる

写真はイベント開催一週間前に行われるコース整備の模様です。

こんな景色の良いポイントがイベントの周回コース上にあります。住民の方々がカゴを背負って鉈、チェーンソー、鋤簾(じょれん)、つるはしを背負って山に入り込む姿がかっこ良いんです。

地域の方々はとにかくパワフルです。イベントに参加するだけでも元気が貰えるはずです。

やはり、文字じゃ写真ではこのイベントのスゴさが伝えられません。とにかく来てみてください。天気予報は晴れです!しつこいようですが、スゴいんです。 イベントの詳細情報は・・・

・上直竹上分地区公式HP「うらーほうは上分だ!」

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報