【埼玉】ガイドブックに載らないとっておきの場所

 
 
 

1

 

こんにちは、埼玉県日高市の茂木です。

唐突ですが、皆さんに質問です。

「誰かに知ってほしいけど、なんだか秘密にしておきたいような魅力的な場所」は皆さんの地域にいくつありますか?

知って欲しいけど有名になってほしくない場所

2

 

いわゆる地域の名所と呼ばれるところは様々。でも、ガイドブックに載っているものが地域の全てではないですよね。

むしろ「観光名所」としてガイドブックに載らないような所の方が、かえって面白いことは往々にしてあります。

私が地元で面白いと思っているとっておきのスポットを今回ひとつご紹介したいと思います。

大きな通りから少し外れると、なんだか面白いものにいきあたる

4

 

この写真、なんだと思いますか?

実は何気ないある普通の民家の塀に作られた、手作りのジオラマなんです。

よく見ると本当に細かく作り込まれていて、このお家の前を通るたびに足を止めて見入ってしまいます。

「一体どんな方が作っているんだろう?」

とずっと気になっていましたが先日偶然制作の現場に出逢いまして思わずお声かけしてしまいました。

いつ頃から作りはじめたのかを忘れてしまうぐらい、日々気ままに取り組まれているのだとか。

「私は絵が下手だから」

と遠慮がちにお話されていましたが、どうやらこのジオラマ、近くの川で拾ってきた「石」が重要なようで。

「ちょっとした石の表面の凹凸がなんだか横顔にみえてきてね」

その方はみんな同じに見える石もひとつひとつ表情があって、そこにある面白さを見つけてあげればひとつの作品になってしまうのだと話して下さいました。

まだ磨かれていない原石を見つけ出すこと

3

そして、このことは地域の魅力を見つけるのにすごく大きなヒントなのではないかと思うんです。

変哲もない、なんでもない石ころだと見なして通りすぎてしまえばそれでおしまい。

でもそれを「この部分は何かに活かせるんじゃないか?」と見出し、実際にそれを形にすることで誰もが驚き笑顔になるようなものに換えることができる。

いわゆる観光としての地域アピールは、どうしても似たり寄ったりになってしまうところがあります。

それは、既に評価が定まった宝石ばかり磨こうとしているからではないのかなと思います。

地域の本当の良さは、まだ磨かれていない部分から見つけ出せる。

だからもっと、このジオラマのような地域の裏道の面白さを沢山見つけていきたいです。

その土地で暮らしているからこそ気がつくこと

でもはじめに言ったように、こういった「とっておきの場所」は秘密にしておきたい気分にもなります。

場所を明らかにして、テレビ番組に投稿したりすることもできるのでしょうが、それはしたくありません。

それはそこが観光地ではなくて、人々の暮らしのそのものが息づく場所だから、その土地に住んでいるからこそ見つけられる良さだと感じるからです。

だからこそ、日高市にいらっしゃる際はぜひご連絡下さい。

メディアにはのらない、日高の何気ない良さが伝わるとっておきの場所をご案内します。

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報