【群馬】「日本全国!地域仕掛け人市」に出展してきました

 
 
 

1

 

こんにちは。群馬県片品村の本間です。

2/21に品川で開催された「日本全国!地域仕掛け人市」に出展してきました。400名の定員に対し、当日の参加者は何と500人弱。若いエネルギーがぶつかり合う、熱いイベントのレポートです。

人生の岐路に立ったとき、いつだって最後の決め手は、”人”

2

 

これがイベントのキャッチコピー。

「いつか地域で暮らしたい」

そう思った時に、どこに移住するかを決めるのは、助成金の有無?サポート体制?移住後によりいい条件のところがあったら、住みかえるのか?

数ヶ月前、実際に群馬に移住をした私にとって、決め手になったのは条件だけではなく、やはり”人”でした。

地域仕掛け人市では、北海道から沖縄、地方中核都市から「ど田舎」まで、各地で最先端の取り組みをしている団体の皆さんと、実際に会って話せます。

さらに他の地域おこし協力隊募集フェア等と若干毛色が違うのは、民間企業も多く出展している点。

20年以上起業家支援やインターン制度などを運営しているNPO法人 ETIC.が事務局ということもあり、いわゆる「ローカルベンチャー」的な雰囲気の出展団体や若い経営者も多く、活気がみなぎっていました。

募集している求人も、地域おこし協力隊だけでなく、学生インターン・企業の正社員募集など幅広くあります。

イベントの流れ

3

 

内閣府副大臣(地方創生担当)平 将明衆議院議員からの挨拶のあと、「仕掛け人市の歩き方」のアナウンス。

「各ブースに名刺BOXが用意されているので、なるべく多くの団体の話をききつつイベント後もアプローチしたい場合は名刺を渡しましょう」とのこと。

その後、前半・後半に分かれて全出展団体から各3分のプレゼンがあり、プレゼンの前後に気になるブースに行って直接話を聞くという流れになっています。

私は出展者としての参加だったので、イベントによってはなかなか他の団体の様子などは見に行けなかったりするのですが、この方式だと、出展者でも他団体の取り組みや想いなどをプレゼンタイムにまとめて聞くことができるので、とっても勉強になりました。

 

4

 

ブース交流会終了後は、会場内でノンアルコールの懇親会。その後は飛び入り歓迎・自由参加のがっつり交流会(飲み会。各自実費)。プレゼンで気になったあの人の近くに行って一緒に酩酊も可能です。

また、団体によっては翌日以降に「しごとバー」や「仕掛け人食堂」という少人数のイベントも開催しているので、気になった人・団体とより個人的に話す時間も持てるという徹底的に人と人をつなぐことにこだわったイベントでした。

今回、私は「片品村地域おこし協力隊」第一期の募集という全く実績のない中で、超強力団体ぞろいの出展に交ぜてもらったわけですが、出展団体の方も来場者の方も、本当に魅力的な方が多くとっても刺激になりました。

地域のアツい人に出会いたいという方には、おススメのイベントです。

facebookページができました

このイベントで告知させてもらった片品村の協力隊の最新情報についても、Facebookページ覗いてみてくださいね。

仕掛け人市に合わせてオープンした、出来立てほやほやです。

・片品村地域おこし協力隊Facebookページ

https://www.facebook.com/katashina.kyorokutai

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報