【高知】久礼の嫁入り道中

 
 
 

花嫁さんが奇麗なんです!

久礼の婚礼儀式

お久しぶりです!高知県中土佐町久礼の田口です。昔ながらの婚礼儀式を見かけたので、紹介します。

「嫁見よ~~~」

「嫁見よ~~~~」

の掛け声とともにお嫁さんが 町を歩いてくれます。 たまに「婿も見よ~」の掛け声も・・。お嫁さんメインな感じです。私もこれを見かけたのはまだ3回ほどです。 今はとっても珍しいです。 叫ぶ声を聞いて私たちも仕事中にも関わらず店の外に出ていき 「きれいなお嫁さんやね~」「あこの娘さんやな、キレイになって~」 とわいわい囃したてます。

本当にきれいなんですものお嫁さんて!

昔はどんなかな?と思い調べてみました。 嫁迎えから始まります。 仲人、婿の兄弟、叔父叔母などが嫁方へ出向き、飲食ののち花嫁を連れて婿方へ向かう。

そして、道中に仲人が大声で「嫁を見よ」と叫びながらやってくる。 村人たちが「きれいな嫁さんじゃ~」と囃したてながら、見物をしていた。

遠隔地からお嫁を迎える時には、休息用にお家を借り化粧直しなどしていたようです。 婿の家に着くと、祝言が行われる。だいたいこんな流れです。

今の「嫁見よ」はお披露目だけのかたちを残していると思いますが、 やっぱりお祝い行事は嬉しいです。 こういう風習はほんと~に住んでいる所で、いろんな行事があり面白いですよね。減りつつあるから、意外とお目にかかれないけど。また、地元のならではの風習などがあればお知らせしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報