【長野】ついに壁の仕上げ作業がスタートしました!

 
 
 

内装工事が進んでいます

夏に向けて工事が進んでいます

ちい記者で諏訪ゲストハウスプロジェクトのきょんです。

5月のおわりごろから、諏訪もやっと暑くなってきました。気温はそこまで高くないですが、ここは標高が高いので、いつのまにか日に焼けています。一緒に作業をしているみんなも、こんがりしてきました。夏もすぐそこ?

諏訪では様々なイベントが行われています

そんな中、先日は現場で大工仕事をしてくれているきょーちゃんと、前回の記事でも書いた「スワンアスロン」に参加しました。

毎日の作業もあり、結局練習できないまま本番に突入。走るのも自転車も久しぶりでしたが、応援の声や町の人との交流もあり、素敵なイベントでした。

なんといっても風を駆け抜け諏訪湖の周りを自転車で走るのは、本当に気持ちがいい!!16キロの1周も景色が変わるので、思いのほか、あっという間でした。

次回の大会は7月26日。翌日27日からは、8月の終わりまで、毎日800発の花火があがるサマーナイトファイヤーフェスティバルもスタートします。併せてご参加するのも楽しいのではないかな〜!みなさまぜひぜひ。

・スワンアスロン
http://suwanathlon.com/

・サマーナイトファイヤーフェスティバル
http://www.suwako-hanabi.com/summer/

工事は楽しく賑やかに進んでいます

現場は毎日ご近所や県外からのお手伝いさん、大工さん、設備屋さん、住み込みのみんなのおかげで、順調に、にぎやかに進んでいます。相変わらずご飯もおいしい。

ついに壁の仕上げ作業にも入り、難しい左官にも慣れてきました。最後の仕上げの漆喰を塗るとき、この壁が、この先ずっと、ここを訪れる人に見てもらう壁なんだと、すごくドキドキして、塗る手に力がはいりました。

手伝いにきてくれた人や、いろんな人の手が加わってできた場所が、この先もずっと残るということは、とても嬉しい。その部分を見るたびに思い出すんだろうなぁ。作業が終わった夜や、みんながまだ寝ている早朝、ゆっくり宿の中を歩いて、それをじっくりと感じています。

近所のお豆腐屋さんのおはなし

ところで。ご近所に素敵なおばあちゃんのいるお豆腐屋さんがあります。

器を自分で持っていって入れてもらう、なんだか憧れていた昔ながらのお豆腐屋さん。お豆腐も厚揚げも、とってもおいしい。

「前の宿のオーナーさんも、同じ小道を通って、よく来てくれたよ」と、「またあそこで今度は若い人ががんばるのね」と、うれしそうに話してくれるおばあちゃん。穏やかでゆっくりとした口調で、優しい笑顔。一度で、ファンになってしまいました。

泊まりにきてくれたゲストに行ってみてほしいなぁ。

あのおばあちゃんとお話ししたら、お店を出た後は、きっとにこにこしてしまう。お豆腐屋さんのおばあちゃんとのおしゃべりから始まる、そんな旅先での一日もいいな、と思いました。明日の朝は、またお豆腐屋さんにいこう〜。

・諏訪ゲストハウスプロジェクトの特集ページ
http://chiikitecho.net/457/

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報