【栃木】足利vol.1 「朝活のすすめ 低山ハイク~両崖山-天狗山」

 
 
 

織姫神社

 

みなさんこんにちは。栃木県足利市のちい記者・曽根田です。

みなさんは足利をご存知ですか?足利という地名ですが、全国的には足利尊氏の姓としてご存知の方が多いでしょう。それもそのはず、足利市は足利尊氏の正家が現存する歴史の深い街なのです。

県全域の文化財の3割が集まっているとも言われています。そんなまち足利で過ごす中での、楽しみ方などを紹介していきたいと思っています。趣深い街中散策など、またの機会に紹介します。

 

朝活をはじめました

身近な自然が気持ちいい

 

私は怠惰な日常を脱しようと、先日のGWから朝活を始めました。朝早く起きて、活動時間を少し早めるだけで一日の充実感がとても増します。

朝活の中で行ったのが、足利での低山ハイクです。気温が高くなく、日の出が早くなった今の時期にほんとにお勧めしたいです。今回紹介する山は、スタート地点が織姫神社という市街地から車でおよそ5分程の両崖山-天狗山コースです。全行程およそ4kmで、3時間ほどで帰路に就くことができます。“足利ひめたま”で知る人ぞ知る萌え神社こと織姫神社。

 

低山ハイクが街を知る切欠に

天狗さんの山頂

山頂に登ると、市内を一望できます。移住してもっと早い時期に登っておけば、市内の位置関係がわかったのに、と今更ながらの発見でした。足利ビギナーの方は是非!天狗山の山頂には、登山記録がありましたので、私も記帳してきました。見つけづらいところにあるので、探し当てられた人のみ記入できます。場所は教えません。程よい疲労感と、視界の開けた景色がとても心地よい低山ハイク。

登山というものが非日常ではなく、より日常に近いような。足利は、都会ではないけど、はっきりとした田舎ではない。そうした程よい曖昧さがこの地の魅力だとも感じます。

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報