【埼玉】秩父市地域おこし協力隊の吉本さん〜ジンギスカン編

 
 
 

吉本さんとジンギスカンを楽しむ

さて、第1話の続きです。

ラム肉の買い出しを任される

約束の日の数日前に吉本さんからメールが届きました。

『申し訳ないのですが、お使いをお願いしたいのです・・・。秩父の市街地にある“ひつじや”さんで、ジンギスカン用のラム肉を人数分買ってきていただきたいんです・・・。』

ん?なんで大滝の肉屋さんではなく、秩父の市街地にある肉屋さん?しかも、今回はお店まで細かく指定を受けました。(※大滝から秩父の市街地は30分以上離れています。)

大滝でジンギスカンなんて不可解な点だらけ!?

私はてっきり『大滝ならばジンギスカン』という誘い文句(?)に、大滝で羊を育てている方がいて、その大滝産のラム肉を食べるジンギスカンパーティーだと思っていたのです。

確かによくよく考えてみれば、大滝は荒川の谷添いに集落が形成されているため平地が無く、ラム肉用に羊を飼育することは不可能。では、なんで『大滝ならばジンギスカン』? しかも『ひつじやのラム肉』?

謎が解けぬまま頭がモヤモヤしているうちに、いよいよ当日を迎えました。

羊山公園のそばにある『ひつじや』

我々、地域手帖取材チームは早朝に出発し、途中、吉本さんの指示通りに芝桜で有名な秩父市の羊山公園そばにお店を構える“ひつじや”でラム肉600gを仕入れ、近くの“ヤオコー(埼玉ローカルの大型スーパー)”で野菜と飲み物を追加購入し大滝地区へ向いました。“ひつじや”からは荒川を源流域に向って車を走らせ、30〜40分ほどで大滝に到着しました。

ようやく吉本さんに会えました!

指定された集合場所のそばで吉本さんが手を振って私たちを歓迎してくれています。

『こんにちは!はじめまして!』 私達は挨拶もそこそこに、腹が減っては戦はできぬとばかりに、早速ジンギスカンパーティーの準備に取りかかります。この日のジンギスカンパーティーは吉本さん所有のロケットストーブを使用します。燃料は、日頃、吉本さんが裏山からかき集め、備蓄しておいた木の枝です。吉本さんが手際よく火をつけてくれます。

 『バチバチッ!』

音をたてて燃える枝たち。人が火を起こす作業というものは、ただ眺めているだけでも楽しいものです。火を見てうっとりしてしまったところで、ここぞとばかりに思い切って吉本さんにあの質問をぶつけます!!!

なぜ、吉本さんはジンギスカンをリクエストしたのか!?

(地域)『吉本さん、なんでジンギスカンを私たちに提案したんですか?』

(吉本)『詳しいことはわからないのですが、大滝の人はとにかくジンギスカンパーティーが大好きなんです。ジンギスカン鍋を持ってる人もいるんですよ。みなさんをおもてなしするばらな、ぜひ大滝名物のジンギスカンパーティーを味わってもらいたいなと思ったんです。』

(地域)『へぇー!そうなんですか!その理由はとても気になりますね。で!!!なんで“ひつじや”のラム肉を指定したんですか?』

(吉本)『ぜひ、食べてみてください!食べればわかりますよ(笑)』

(BGM)程よい焼き加減になったラム肉が『ジュージュー』と音をたてている

(地域)『では、一番載りジンギスカンを頂いちゃいますね!モグモグ。うう、うまい!うますぎる!』

(吉本)『美味しいですよね?実はジンギスカンパーティーが大好きな大滝の人たちの一番のお気に入りが”ひつじや“のラム肉なんです。これをみなさんに大滝で食べていただきたかったんです!』

(地域)『おおお、これは歴史的経緯など関係なく“大滝ならばジンギスカン”と吉本さんが提案された理由がよくわかりまます。お世辞抜きに美味しいです!!』

大滝で楽しむジンギスカンは最高!

実は地域手帖取材チームは本場北海道のジンギスカンの味を知らないのですが、この“ひつじや”のラム肉は、上質なラム肉に大滝の自然豊かな環境が隠し味となり、まさに極上の味でした!3人で600g用意したのですが、“ラム肉メイン”でもよかったかもしれません。大滝の人たちが“ひつじや”にラム肉を買い求めにいく理由が良くわかりました。

さて、ジンギスカンに舌鼓を打ちながら、お互いの活動のことや様々な意見交換をした我々は、お腹に溜まったラム肉を消費すべく、次は吉本さんの取り組む耕作放棄地再生プロジェクトの見学、プチネイチャーツアーに出かける事にしました。

つづく

地域手帖の吉本さん特集「秩父市地域おこし協力隊の吉本さん」

・第1話「出会いは突然に編」 http://chiikitecho.net/584/
・第3話「これが私の仕事!編」 http://chiikitecho.net/613/
・第4話「プライベートを楽しむ!編」 http://chiikitecho.net/671/

お気軽にご応募ください

詳細情報はコチラをクリック!

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報