【埼玉】秩父市地域おこし協力隊の吉本さん〜プライベートを楽しむ!編

 
 
 

onもoffも大滝は楽しい

吉本さんにお会いして地域おこし協力隊について考えたこと

埼玉県でわずか2名、地域おこし協力隊の隊員さんに会いに行くこの企画。私たち地域手帖取材チームは秩父市の大滝地域に行き、秩父市地域おこし協力隊の吉本隆久さんとお会いしてきました。最終回の今回は、この訪問記の感想として地域おこし協力隊の制度について思ったこと、吉本さんからのお知らせをお伝えしてシリーズを〆させていただきます。

その後を見据えた活動の必要性

地域おこし協力隊の制度は“地域への移住を促進する国の事業”なのですが、隊員さんが3年後に配属先の土地に残るか否かはさておき、転職時に「どんな取組みをしましたか?」と質問される事は確実なわけで、きっと、やらなければならないことは盛り沢山なのだと思います。

ちなみに吉本さんの場合は任期満了後も大滝地域に定住を希望されています。そうなると任期中に「お金」や「住居」のことなども考える必要が出てきます。地域おこしをしながら、「その後」を見据えるという作業は、想像しただけでもかなり大変なのではと思いました。

受入れ側のサポートが必要

だからこそ、そんな隊員さんを支える行政、地域の方々のサポートは絶対に必要です。私はサポートが整っている自治体に採用された隊員さんはかなりラッキーだと思います。それだけで「その後」を考える心の余裕に差が生まれることは確実だからです。

美味しい名水「龍神水」に連れて行ってもらいました

その土地でのプライベートな時間を楽しめるか

今回、吉本さんにジンギスカンパーティーを企画していただいたことにより、以前より確実に地域手帖取材チームは大滝のファンになりました。このおもてなしの根底には吉本さんが大滝の土地を愛しており、少しでも多くの人に訪れて欲しい、ファンになって欲しいという思いがあることに気がつきました。また、吉本さんプライベートな時間を楽しんおられる印象を受けました。

人はその土地が好きではなければ、そこに残ろうとはしません。そういう意味では、地域に根付く人の見本を吉本さんにみせていただいた訪問記でした。吉本さん、また大滝に遊びにいきます!ありがとうございました!

秩父市地域おこし協力隊にインターンしませんか?

「村おこしインターンシップ」特集ページ

現役隊員の吉本さんといなか暮らしを体験!「村おこしインターンシップ」特集ページ

今回取材させていただいた吉本さんが大滝を舞台に、秩父市地域おこし協力隊へのインターン事業「村おこしインターンシップ」を主催されます。これは秩父市地域おこし協力隊初の事業で、吉本さんが企画の立案をされました!

現役の隊員さと活動するインターンシップ事業は全国でも珍しいパターンです。いなか暮らしや地域おこしに興味のある方、地域おこし協力隊に興味のある方の参加をお待ちしています。詳しくは地域手帖のお仕事紹介ページ「Clasigoto(くらしごと)」の特集ページをご覧ください。

・「村おこしインターンシップ」特集ページ http://chiikitecho.net/673/

地域手帖の吉本さん特集「秩父市地域おこし協力隊の吉本さん」

・第1話「出会いは突然に編」 http://chiikitecho.net/584/
・第2話「ジンギスカン編」 http://chiikitecho.net/594/
・第3話「これが私の仕事!編」 http://chiikitecho.net/613/

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報