【高知】「定住しない暮らしも悪くない。」という考えに学ぶしなやかさ

 
 
 
hikoukiaicon
 
私の友人に高知県在住のイラストレーターで、転勤族の奥さんライフを楽しむ「wakotoさん」という素敵な女性がいます。

 

wakotoさん

wakotoさんの肖像画

 

wakotoさんはイラストレーターとして活動しつつ、転勤族の奥さんとして地域に入り込む様子を個人ブログで発信しています。

これは昨年末のこと、突然、wakotoさんのブログのタイトルが変わりました。

「定住しない暮らしも悪くない。」

これがその新タイトルです。

そして、この新タイトル発表と共に書かれたエントリー「<ブログタイトルを変更した理由>定住しない暮らしも悪くない。」がとても考えさせられる内容でした。

そこには転勤妻として、日本各地を転々としてきたからこそ辿り着いた、wakotoさんなりの生き方や考え方に対する思いが凝縮されています。(※一部引用します)

 

人間誰だって、自分の生き方を肯定したいと思います。
その現実と理想が違いすぎるときに、余計に肯定したい気持ちが働き、むりやり前向きになろうとしてしまいがちです。

(中略)

自営、フリーランス、パート、派遣。その時その人にあった働き方を選べばいいだけで、どれが最高!なんて無いです。

出典:<ブログタイトルを変更した理由>定住しない暮らしも悪くない。

 

このエントリーを読んで新年早々心がホッとしました。そうそう、どれが「最高」なんてないですよね。他者の決めた「最高」を追い求めたら疲れるだけ。

今の環境の中で自分に適した生き方、働き方、そして暮らす土地を無理せずに決めていけば、もっと心に余裕がもてるのかなと思いました。

しなやかに暮らしたい

最高の暮らしなんてどこにあるかわかりません。移住すれば、定住すれば必ずハッピーになれるかどうかもわかりません。

最高の暮らしを追い求めるより、その時々に適した生き方、働き方、暮らし方をしなやかなに選択していく方が、いつか振り返った時に「良い選択だった」と思える日がくる確立がぐっとあがる気がしています。

wakotoさんについて

・ブログ 定住しない暮らしも悪くない。
・HP http://wakotozakka.jp/

(※wakotoさん!イラスト掲載許可ありがとうございました!)

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報