CAMPFIREが日本のクラウドファンディングを大きく変える

 
 
 

スクリーンショット 2016-02-27 4.04.44

これからのクラウドファンディングで資金調達をお考えの方に朗報です。

あの家入さんが代表を務めるクラウドファンディングサービス<CAMPFIRE>が、資金調達成功時の手数料を業界水準の20%から5%へ大きく引き下げることを発表しました。

正直、これまでのクラウドファンディング業界の手数料20%ルールはやり過ぎだと思っていました。

慈善事業では厳しいのはわかりますが、もう少し応募者側に優しいサービスはないかと探していました。

ちなみに代表の家入さんはこうツイートしています。

今のクラウドファンディング業界に感じる違和感

実は地域手帖には色んな会社さんから「弊社のクラウドファンディングで資金集めをしてみませんか?」と勧誘が絶えない時期があり、少し疲弊していました。

業界大手の会社さんからも声を掛けていただきましたが、適当に営業されてる感が強くて悲しかったです。

応募者側は一世一代の大勝負なことが少なくないわけで、クラウドファンディングを運営する側の方にもその心意気をちゃんと受けとめてあげて欲しいです。

残念ながら今では頑張る人を応援したいのか、それとも頑張る人を食い物にしたいのか、その境目がはっきりしないサービスが多い印象があります。

私はクラウドファンディングの「これから新しい何かが起こりそう!」的なワクワク感が好きです。なので、そこには夢や希望に満ち溢れていてほしいという個人的な願いがあります。

クラウドファンディングの考えには共感できるのですが、前述のように愛の伝わってこない運営が目立つサービスが多いのも事実です。(※地域手帖の中の人は忌野清志郎さんの影響を多大に受けています)

CAMPFIREの決断に頑張る人を応援したいという愛を感じました

そういう意味で今回の<CAMPFIRE>の決断は賞賛すべきだと思います。余程の思いがなければ踏み込めない領域です。

個人的に家入さんが好きなのもあるのですが、この情報を目にして「マジか!」って絶叫したのは本当の話です。

これで地域手帖としても、いずれ大きな一歩を踏み出せそうな気がしてきました。

こういうクラウドファンディングサービスをずっと待ってました。

家入さんありがとうございます!!!

速報!「All-In」の仕組みを採用(3月3日)

より多様な資金調達を可能にするために、現行の「All-or-Nothing」の仕組みに加えて、目標金額を達成しなくても資金を受け取ることができる「All-In」の仕組みを採用します。

引用:CAMPFIRE公式ホームページ

畳み掛けるかのような素敵なニュースリリースの連続。CAMPFIREの灯は日本で頑張る人たちを明るく灯してくれること間違いなしです!

地域手帖的日本一のクラウドファンディングサービスははCAMPFIREに決定です。

CAMPFIREについて

http://camp-fire.jp/new

この記事が気に入ったら
いいねで応援!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

 
 
 

関連情報