山崎亮さんが取得した資格●●●の取得に挑戦!

地域手帖通信

「まち」でくらす人たちのことをもっと知りたい

仕事で全国各地のまちづくりの事例に触れたり、また、地域手帖として小さなローカルアクションに取組むなかで、 まちには若者も高齢者も元気な人もそうでない人もいろんな人たちがくらしていることに気づかされました。そして、昨年末くらいから、もっと、まちでくらす人たちのことを知りたいと思うようになりました。

山崎亮さんを通じて知った「社会福祉士」という国家資格

ある日、greenzの記事でコミュニティデザイナーの山崎亮さんのインタビュー記事を目にすることがありました。その記事では山崎さんがコミュニティデザインと福祉の関係性について語っていました。

<参考記事:必読です>
コミュニティデザインの肝は福祉にあった! 山崎亮さんに聞く「人口減少社会を豊かに生きるヒント」 [ぼくらの未来シナリオ]

さらに関係する記事を探してみると、就職ジャーナルの「山崎 亮さん(コミュニティーデザイナー)の「仕事とは?」|後編」にて

僕自身も各地の町や村を訪れて高齢者の方と接したり、北海道・沼田町で廃校の跡地に診療所や高齢者住宅を造るプロジェクトに携わったりする中で社会福祉や社会教育について学びたいという気持ちが強くなり、2年ほど専門学校に通って、社会福祉士の資格を取りました

(引用:山崎 亮さん(コミュニティーデザイナー)の「仕事とは?」|後編)

と、福祉に関する国家資格である社会福祉士を取得されたことについて語っていました。

この記事を読み、今話題の「SDGs」にも国際社会共通の目標のひとつとして「すべての人に健康と福祉を」というも目標が掲げられているなかで、地域手帖もちゃんと福祉を学んでみたいと思いました。

社会福祉士の資格取得に向けて勉強を開始します

この機会に、 地域手帖の小さなソーシャルアクションとして、社会福祉士の資格取得を目指すことにしました!

せっかくなので「そもそも社会福祉士がどのような資格なのか?」「どうやって取得できるのか?」など、初歩的なことから地域手帖で発信していきます。

さて、そこにはどんな世界が待っているのでしょうか。